40万キロかなたの恋1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【40万キロを超える恋の行方は!?】

40万キロかなたの恋1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【40万キロを超える恋の行方は!?】

この記事ではドラマ『40万キロかなたの恋1話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『40万キロかなたの恋』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『40万キロかなたの恋』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】

40万キロかなたの恋1話あらすじ(2020年7月24日放送)

宇宙飛行士の高村宗一(千葉雄大)は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるため、1年間も宇宙に滞在している。
極度な人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリ(声・吉岡里帆)とともに宇宙で一人暮らす生活に満足していた。

そんなある日、取材ディレクターの元恋人、鮎原咲子(門脇麦)と通信モニター越しで偶然再会。
宇宙飛行士と元恋人と人工知能の三角関係が勃発する!?

40万キロかなたの恋1話ネタバレ

ネタバレ

宇宙飛行士の高村宗一(千葉雄大)は、地球と約40万キロ離れた宇宙空間に浮かぶ宇宙船内に長期一人で滞在しています。
宗一は、地球上の面倒な人間関係が苦手で、AIのユリ(声・吉岡里帆)との会話を楽しみながら、ひとり暮らしを満喫していました。

そんなある日、地球にいる取材ディレクターで元恋人の鮎原咲子(門脇麦)と通信モニターを通して偶然再会します。
最初は驚き、彼女との交信を拒否していた宗一ですが、宇宙船内でハプニングが起きた時に必死に励ましハッパをかけてくれる咲子に、発奮し難を逃れます。

次第に昔の感情が戻ってきた二人は、個人的にメッセージを交換しあい、今後も交信を続けていきそうです。

特にラストで、宗一が衝動的に送ってきた怒りの長文を見て、咲子が「めんどくさ」とボソッと言うシーンは、愛情が感じられ、二人の歴史を物語っているようでした。

一方、ユリはAIですから、宗一の元恋人という存在を認識し、今後どのように二人に関わってくるのか全く予想がつきませんが、少なくとも二人の写真を見たときの表情?は、人間の女性のように見えました。
これから偏屈きわまりない宗一の心をほぐしていくのは、近くにいるAIか、それとも遠く離れた地球の元恋人か、今後の展開が楽しみです。

マジックナイト

【次回の予想】次回は、咲子の企画に宗一が猛反対し、またまた喧嘩になってしまうようです。一方、宇宙船で新たなハプニングが起きるようで、どんな結末になるのか気になります。

←全話に戻る 2話ネタバレに進む→

40万キロかなたの恋1話感想とみんなの評判

男性(60代)の感想と評判

評価
(5.0)

AIのユリ(吉岡里帆)の優しい声が高村(千葉雄大)の心のいやしになるようです。
ユリが高村は何事にも焦らない精神をもっているなんて、さすがですねと強制的にではなく、高村を自然に促していく、ユリの心理操作は巧みだと思います。
ユリの誘導のお蔭で、危険回避しユリなしでは、管制室も高村もダメのようです。
鮎原(門脇麦)が宇宙飛行士の生活の取材に来ますが、高村は拒否しますが、ユリがなだめます。
ぶっきらぼうな高村に、自分が思っている以上に笑顔が素敵だとユリがうまい誘導をします。
2人は一生のパートナーになりそうです。
高村は鮎原が元恋人で、鮎原が大学院まで出てディレクターとは自尊心の落しどころとしてレベルが低く過ぎると言って鮎原の自尊心を潰してしまい、可哀そうです。
船内で爆発が起きピンチになった鮎原は諦めるのは格好悪いと高村を叱咤します。
鮎原は高村を皆に知って欲しいから協力して欲しいと言います。
ラストで、高村は、鮎原が先に謝れと言いながら鮎原に協力するようですが、鮎原は高村を面倒くさいと言いながらも、まだ未練がありそうです。
やはりユリの方が人間以上に人間が出来ています。AIユリと人間の三角関係は注目です。

女性(30代)の感想と評判

評価
(3.5)

宇宙飛行士の宇宙での滞在の様子を描いている作品はめずらしいので、新鮮で面白かったです。
宇宙での生活は思っていた以上に快適そうだったので、人間嫌いの高村宗一(千葉雄大)が宇宙に残りたがっているのは理解できました。
AIのユリ(吉岡里帆)が気難しい宗一を、上手く手の平で転がしていると感じました。
人間と話す機会は少なくても、自分のことを理解してくれるユリと生活している方が宗一にとっては過ごしやすいのだろうなと思いました。
管制室から動画配信サイトのことを言われたときは関わることにネガティブだったのに、ユリの言葉を聞いた宗一が前向きな提案をしだしたことには笑ってしまいました。
確かに宇宙飛行士のモーニングルーティンなどは興味深くて、見てみたいなと思いました。
宗一を取材するディレクターの鮎原咲子(門脇麦)が、宗一の元恋人であることは驚きました。
咲子が担当することを嫌がる宗一は、まだまだ子供っぽいなと思いました。

しかし、ピンチに陥ったときに咲子の呼びかけで気持ちを持ち直した宗一を見て、本当はまだ咲子に対して気持ちが残っているのではないかと感じました。
宗一と咲子のツーショット写真をユリが見ているように感じたラストシーンは、少し怖さを感じてしまいました。

40万キロかなたの恋1話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『40万キロかなたの恋』第1話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『40万キロかなたの恋』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『40万キロかなたの恋』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】