ディア・ペイシェント2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【命の重さ】

ディア・ペイシェント2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【命の重さ】

この記事ではドラマ『ディア・ペイシェント2話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『ディアペイシェント』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【絆のカルテ|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ディアペイシェント』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【絆のカルテ|今日の最新話も視聴OK】

ディア・ペイシェント2話あらすじ(2020年7月24日放送)

千晶(貫地谷しほり)は、入院している幼い患者・美和(新津ちせ)と出会い交流を深める。

千晶は、美和が脳腫瘍で回復の見込みがないことを知り、何かと心を寄せていた。

そんな折、リストカットをした若い女性・笠原祥子(小島藤子)が病院へ運ばれてくる。
自ら命を絶ちたいと思う祥子は、生きたくても生きることもままならない美和に複雑な思いを抱くのだが、千晶ら医師たちの介在と美和の死に直面し、次第に心変わりしてゆく…。

ディア・ペイシェント2話ネタバレ

ネタバレ

座間(田中哲司)が病院にやってきて睡眠薬を大量に処方して欲しいと千晶に頼みます。
仕方なく千晶(貫地谷しほり)は1ヶ月分の睡眠薬を処方するのでした。この場面を見てすごく座間が心配になりました。
大量に睡眠薬を処方するのは危険だと思いました。もしいっぺんに飲まれたりしたらどうするのでしょうか。

その後、祥子(小島藤子)という自殺願望がある患者が搬送されてきます。
その祥子は入院してからも屋上で自殺を図ろうとしたりとかなり危なっかしい感じです。
そんな祥子が脳腫瘍の患者である美和(新津ちせ)と出会います。
その美和は祥子の髪が綺麗だとたくさん褒めますが祥子の心は動きません。すぐに祥子のヒモが病院に来て退院してしまいます。

しかし、またすぐに祥子は病院に帰ってきてしまいます。
そこで祥子は千晶に「死ぬのが怖い」という弱音を吐き美和がみんなに愛されているから羨ましいことを愚痴るのでした。

その後、美和は祥子にピアノの発表会に来て欲しいと誘いますが数日後に亡くなってしまいます。
ピアノの発表会当日、祥子が見に行きますが美和の姿はありませんでした。
千晶は美和の病状を伝えることができないと言って手紙を祥子に渡します。
退院した祥子はその手紙を読むと美和がもう亡くなっていることを知り悲しみの涙を流します。

ラスト、祥子はもう自殺をするのをやめるのでした。

マジックナイト

【次回の予想】次回は、座間が千晶に睡眠薬がどうしても欲しいということを強要してくると思います。自分が好意でしたことを無下にされたので怒り狂っていましたからもしかしたら座間は病院を出入り禁止にされるかもしれませんね。結末は座間の執念でまた千晶の元にやってきて睡眠薬を要求すると思います。

←1話に戻る 3話ネタバレに進む→

ディア・ペイシェント2話感想とみんなの評判

男性(60代)の感想と評判

評価
(5.0)

千晶(貫地谷しほり)は小児科病棟の浜口の友人の読み聞かせ会に出ました。そこで入院している美和(新津ちせ)と知り合います。
千晶は美和が末期の脳腫瘍で回復の見込みがないと知ります。
座間(田中哲司)に千晶は副作用の強いトリアゼパムを1ケ月を処方するというと、1回2錠で頼まれます。千晶は座間の狂気に満ちた行動に押し切られたようです。

千晶は病院が作った感謝、謝罪、傾聴と書かれた患者対応のマニュアルを見ていましたが、医者の本音とは違うようです。
当直でリストカットした笠原(小島藤子)が搬送されます。笠原は睡眠薬や精神安定剤を大量に飲んだようです。様子を見に来た彼氏は帰ってしまいます。
笠原は今までにも何回か搬送されていました。

美和は屋上で星を見て、今、見ている星が、もう死んでいるかもと言います。千晶は星が爆発しても、新しい星が生まれると言います。それなら星が死んでも悲しくないと美和が言います。美和は千晶の言葉を聞いて壮大な宇宙の中に、何とか自分の居場所を見つけて生きる希望が欲しかったのだと理解しました。
座間が夜の病院にいて、飲み物を買いに来たと言います。座間が勝手にカルテを撮影していました。座間の意図が判りません。
笠原は何で人は生きているのと千晶に問いますが、千晶は簡単には答えられなかったのです。このことが千晶の脳裏を離れなくなったと思います。
認知症の浅沼を診察した千晶は母親を思い出しました。千晶は父に母を任せてと謝ります。
美和は笠原に何を言っても、嫌だと言います。美和は笠原と友達になったと言いますが、笠原は勝手について来たと言います。
笠原は美和を何故、避けるのか不思議でしたが、笠原は母親に捨てられたトラウマがあったとわかり、笠原の心情がわかりました。
笠原は借金を返す為に退院します。

美和の両親が佐々井に謝礼を渡しますが、院長は謝礼を返して美和の為に最善を尽くすと言います。
金田が笠原が又、リストカットをして入院したと言います。笠原は、死ぬのが怖いから生きているだけで、確実に死ぬ方法が判らないと言います。親からもだれからも愛されない惨めな自分の気持ちなんかわからない、美和の方が幸せだと言います。
笠原は本当は死にたくないようでした。でも、どうにもならない自分の境遇に思い詰めているのだと思います。
笠原の判断で美和を決めつけないでと千晶が言いますが、後悔します。確かに千晶にしては感情的になり過ぎたようです。
委員会で謝礼金の問題で、問題行動の報告を受けたと言い、浜口に高峰(升毅)が患者から5万円を受け取った事情を尋ねます。
浜口は佐々井(石黒賢)の前で金を受け取ったが、事務員に返したと言います。高峰は事務局に責任があると言うのかと言いますが、院長は調べ直せと言います。

千晶は座間に450円の食事代を事務局に返し、浜口も事務員が金庫に返すのを忘れたと判ります。高峰のパワハラまがいの言動には呆れます。
美和は笠原とメダカを見ていました。美和はここに来れるのは最後かも知れない、治らないかもと言います。千晶は大丈夫だと言いますが、美和がいると両親がどこにも行けず、お金もないから美和はもういいのと言います。可哀そうな美和は自分のせいで家族が犠牲を強いられていると自分を責めているようです。
笠原は、私はもういい、オジサンの家に行くと母親に言ったのを思い出します。笠原は惨めな自分が美和に投影されたようです。
笠原はわがままを言えと美和に言います。美和は天国に行っても生まれ変わってパパとママの子供になると言うと、千晶は抱きしめます。美和は千晶にお願いがあると言います。なにげない幸せが、どれほど掛け替えのないものかと千晶は思いますが、美和は亡くなります。

ラストで、笠原は美和が音楽会にいなかったと千晶に言うと、千晶は美和の笠原にあてた手紙を渡すと、髪のキレイなお姉ちゃんが好きと書いた手紙を見て笠原は泣きます。それから笠原が自殺未遂をして搬送されることがなかったと言います。
笠原は美和に自分の幼少期をダブらせて、当初は親のいる美和に嫉妬していたようですが、美和が笠原と心の交流をしているうちに、美和の無念さが理解できて、生きる意欲を取り戻したようです。笠原の心の中に美和が生きているのだと思います。

一方、座間が薬を盗まれたと言います。千晶は座間に貰った金を返すと好意を無視するのかと怒ります。いよいよモンスターが牙をむいたようで、恐ろしいです。

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

小児病棟に入院する上垣美和(新津ちせ)は、悪性脳腫瘍を患っていました。
2年前に手術を行ったが再発した為、浜口(内田有紀)はおじ経由で相談を受けていました。

しかし、治療方法は見つからず、頭痛を抑える事しか出来ずにいました。
両親は娘を何とか助けたい一心で、泣きながら浜口に現金を渡しますが、病院の規則違反の為、浜口は事務局を通して返還します。
その話を聞いた千晶(貫地谷しほり)は、この前座間(田中哲司)から無理矢理ご馳走されたピラフの事を思い出します。
その事が引っ掛かり、睡眠薬の処方を要求された際に断る事が出来ずにいました。

当直の日、千晶が患者様対応マニュアルに目を通していると、急患が搬送されて来ます。
笠原祥子(小島藤子)は自殺未遂の常連で、クラブ勤めで男に貢いでいました。千晶が当直をしていると座間が姿を現し、急患を診察台に乗せる手伝いをしてくれます。
千晶達が患者の処置をしている隙に、机にあった院内限定の患者様対応マニュアルを手に取り、写真を撮ります。

そして後日、マニュアル本の様な物をある男に手渡すのでした。祥子は偶然外のベンチで美和と会い、人懐っこく寄って来る事に苛立ちます。
美和の母が心配そうに駆け寄る姿に、母に捨てられた当時の事を思い出します。
祥子は誰からも愛された事の無い、自分の人生に悲観していました。
病院の会議で、浜口の金銭受け取りの件が問題となるが、事務局側に不手際があった事が判明します。千晶もピラフ代の件を解決しようと事務局に返還をお願いします。祥子は美和と会った際、治らない病気である事を聞かされます。
美和は折り紙を折った際、死期を悟ったかの様に千晶にあるお願いをします。

その後、美和は皆んなに看取られ息をひきとります。美和が楽しみにしていた、病院のコンサートに姿を見せない事が祥子は気になります。
千晶から個人情報については教えられないと、美和から預かっていた物を渡されます。

そこには、髪の綺麗なお姉ちゃん大好きとメッセージが書かれていました。
祥子にとって初めて人から愛された瞬間であり、同時に美和の身に何があったかを悟るのでした。

その後、祥子は自殺未遂を起こさなくなる。そして、ラストでは、千晶からピラフ代を返された座間が、診察室で突然暴れ出すのでした。

ディア・ペイシェント2話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『ディア・ペイシェント』第2話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『ディアペイシェント』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【絆のカルテ|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『ディアペイシェント』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【絆のカルテ|今日の最新話も視聴OK】