アンサング・シンデレラ2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【薬剤師は薬を渡して終わりじゃない】

アンサング・シンデレラ2話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【薬剤師は薬を渡して終わりじゃない】

この記事ではドラマ『アンサング・シンデレラ2話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

注意
結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

 

【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】

アンサング・シンデレラ2話あらすじ(2020年7月23日放送)

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

アンサング・シンデレラ2話ネタバレ

ネタバレ

薬剤部に麻薬取締班が来ることになり部長たちは慌ててしまいます。

そして、その管理していた麻薬の一つがなくなっていることがわかり焦ってしまいます。
調べると荒神が持ち出していたことがわかり薬の回収に相原が向かいます。
なんとか麻取を足止めして時間を稼ぎ相原が部長に麻薬を届けて事無きを得るのでした。

その頃、葵は大宮と患者が倒れてしまったことで混乱していました。
何かの薬を飲んだことで不整脈を起こしてしまったことがわかります。
葵はその薬がなんなのか大宮の自宅に行って薬を確認しますが裏が取れていないのでかかりつけの病院を探し確認をとります。
やっとの思いで確認が取れて大宮は助かるのでした。

その後、子供の患者で苦い薬をなかなか飲んでくれないという悩みを葵は聞きます。
その悩みを見事に解決して葵は感謝されるのでした。

その後、葵は大宮の病室に行き大宮が骨肉腫に侵されていて娘に迷惑をかけたくないという真実を話します。
それを聞いた娘は大宮に気持ちをぶつけて二人の仲が修復するのでした。

ラスト大宮は足を切断して娘の結婚式に列席するのでした。やはり今回の話も違和感がありましたね。
薬剤師がこんなに出しゃばるものでしょうか。変な感じです。

マジックナイト

【次回の予想】次回は小学校の先生が患者として登場するみたいです。そこでまた葵が勝手な行動をとり患者から怒られると思います。結末はそれでも我が道を行く葵ですから患者に感謝されるのでしょうね。

←1話に戻る 3話ネタバレに進む→

アンサング・シンデレラ2話感想とみんなの評判

女性(30代)の感想と評判

評価
(4.0)

医療用麻薬の数が帳簿と合わないときに、厚生労働省の麻薬取締官がやってきたのは焦りました。
このようなチェックが病院で行われていることは初めて知りました。
時間を稼ぐために販田聡子(真矢ミキ)が話を引き延ばそうとしたり、荒神寛治(でんでん)が手品を披露したのは笑ってしまいました。
間一髪で、紛失していた薬を相原くるみ(西野七瀬)が届けられて安心しました。

葵みどり(石原さとみ)が識別番号の一部と味から、患者の大宮清(小林隆)が服用していた薬を判断したのはすごいと思いました。
薬を探し出すために大宮の自宅を訪れたことによって、ずっと離れて暮らしていた大宮の娘の篠原麻利絵(大後寿々花)が父親の愛情に気づくことができて良かったです。

娘の写真を大事に残していた大宮のアルバムを見て親子の絆を感じました。
クールな刈谷奈緒子(桜井ユキ)は言い方がキツイようにも感じますが、悩んでいる患者のことをほっけない気持ちが伝わってきました。
薬の服用に困っている患者への指導をみどりに任せるのも、みどりのことを信頼しているからだと感じました。
みどりが大宮に大事なことをしっかり伝えてくれたお陰で、大宮が自分の病気や娘と向き合ってくれて良かったです。
大宮が娘の結婚式に参加したラストシーンを見て感動しました。

女性(30代)の感想と評判

評価
(5.0)

肝機能の数値がおかしいと思い葵みどり(石原さとみ)は骨折して入院中の大宮清(小林隆)の病室に行きますが、トイレで大量服薬し、倒れます。
結婚式に来てほしいと20年ぶりに大宮を訪ねてきた篠原麻利絵(大後寿々花)とともに、何の薬をトイレで飲んだのか、葵は大宮の家へ探しに行きます。

麻薬取締官が来所する中、調剤室では医療用麻薬がチェックがないまま病棟に渡っており、探しに新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)が病棟を走り回りバタバタしていました。
葵は識別番号のかけらと味で薬を当てますが、処方の根拠がないとダメだと瀬野章吾(田中圭)に言われ、処方した病院へ走ります。

結果、葵の予想通りの薬の処方がわかり、大宮は一命をとりとめます。
頑張った葵に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は、自己満足だ、長い目でみれば、診療報酬を取れない働き方は患者さんのためにならないと冷たい言葉をかけます。

しかし、薬がうまく飲めない母子を見て、葵に服薬指導を頼むなど、うまくチームとして得意とする分野を認めている様子がありました。
今回も葵は一生懸命走りつづけ、患者さんのために働き、相原もそんな葵の働き方に影響を受けている様子がうかがえました。

ラストで大宮は結局、娘に持病を知られたくなかったために大量服薬しており、人を思いやる気持ちが伝わる、とても感動的な回でした。

アンサング・シンデレラ2話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『アンサング・シンデレラ』第2話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

 

【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】 【無料動画】ドラマ『アンサング・シンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【病院薬剤師の処方箋|今日の最新話も視聴OK】